人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Photo/738 タイは夏季へ

Photo/738 タイは夏季へ_c0174866_11322069.jpg
RICOH GR III


あまりにも仕事の疲労が溜まっているので、
妻に、「今週の休日は出かけないで休みたい」と伝え、「休み」をもらいました。




Photo/738 タイは夏季へ_c0174866_11321902.jpg
出かけないとはいっても、自身の買い物へは行かなければならないので、
久しぶりに、散歩がてら太陽と二人で歩く事に・・・

歩いていると、太陽を見た顔馴染みの人たちから、
「大きくなったねぇ」と声をかけられました。

重度の障がいのある太陽は、まだ言葉も行動も3、4歳くらいで成長がゆっくりな為、
親としてずっと一緒にいると感じにくくなってはいますが・・・
背丈は年相応に伸びているようで、
他の人から見ると、「一般の子と同じように成長している」と見えているのだなぁと感じました。




Photo/738 タイは夏季へ_c0174866_11322082.jpg
日々、仕事と子育てに追われていると、あっという間に時間が過ぎていて、もう2月も中旬へ。
タイは、夏季に移行していて、すでに日差しは十分に強く、汗ばむ陽気。

自宅とスーパーを往復しただけですが、太陽との時間に癒されつつ、
汗をかいて「เหนื่อย(疲れた)」と言う太陽の言葉に、
これから訪れる「暑さを通り越した、日差しが痛いタイの夏」も感じた散歩になりました。




RICOH GR専用
 Instagram → RICOH GR × Thailand

●タイの写真専用
 Hatena ブログ
next stage

●自閉症・発達障害の太陽の成長、お出かけ動画
 ユーチューブ
タイの太陽 (ไทโย)チャンネル
by nikon_leica | 2023-02-12 18:00 | RICOH GR | Trackback | Comments(6)
Commented by takeshi_kanazaw at 2023-02-13 09:54
写真からも、強い日差しが感じられます。
最初の訪タイの時は、日本から1月にタイに赴任し、2月の暑さでダウンした覚えが。
お仕事忙しそうですが、ご自愛第一で。
Commented by nikon_leica at 2023-02-13 10:46
> takeshi_kanazawさん

労いのお言葉ありがとうございます。

>1月にタイに赴任し、2月の暑さでダウン

そうでしたか・・・
タイの1月の暑さは我慢できますが、
2月からの気温の上昇は体調を崩すほど、暑くなりますよね。。。

今日もバンコクは朝からかなり暑いです。
これからの3月、4月を考えますと気分が滅入ります(苦笑
Commented by tad64 at 2023-02-18 18:19
ご無沙汰しております。お疲れは取れましたでしょうか? 疲れはたまらない内に取り除くのが賢明ですよね・・・
京都の今年の冬は例年になく寒さが厳しく雪も何度も積もりました。
そちらはもう夏の太陽の日差しだそうで羨ましいです。早く春がきてほしいです・・・
太陽君の成長が楽しみですね。
Commented by nikon_leica at 2023-02-19 18:23
> tad64さん

コメントをいただきありがとうござます。

今週は家族で出かけましたが、ゆったりと過ごせる寺院へのお参りでしたので、
癒されて帰ってきました。

日本の寒さや雪のニュースをネットの中ですが見たり、
妻の親戚がアメリカにいて、猛吹雪が続いている状況を聞いていましたので、
世界的に、大変な寒波だったようですね。

日本は、もう少しで春へと移行すると思いますが、
寒暖差があると思いますので、体調にはくれぐれもお気をつけください。
Commented by hanaakari108 at 2023-02-25 20:13
こんばんは
タイは夏期に入ったのですね。
昔タイの友だちに案内されて東京にある寺院で開催された
水かけまつりに行ったことを思い出しましたよ。
涼を求めてみんなでキャ~キャ~言いながら水を掛け合いました。
今もそちらでは水かけまつり、ありますか。
Commented by nikon_leica at 2023-02-26 16:40
> hanaakari108さん

こんにちは。

日本での水掛祭りに参加されたのですね。
コロナになった3年ほどは水掛祭りは禁止になっていましたが、
昨年の10月より、タイでは「コロナ=風邪と同じ」と決定されましたので、
今年は行われると思います。

タイの水掛祭りは、本来、健康と感謝を込めて、年長者の手と足を水で洗う文化が発展したもので、
妻の実家では、まだ古いしきたりに従って年長者へ水かけをしています。

ここ数年は(年長者への水掛はコロナ時でも行うことができました)、私自身、長男や、姪っ子たちから「水で洗われる」側になってしまい、自分が歳をとったことを受け入れざるをえない行事にもなってしまいました・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


写真に心を、写真に想いを、写真に人生を。


by Nao Ishimaru

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30