人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Photo/715 77回目の「原爆の日」と旅で出会ったドイツ人青年

Photo/715 77回目の「原爆の日」と旅で出会ったドイツ人青年_c0174866_22094426.jpg
FUJIFILM X100


今日は、広島に原爆が投下されて、77回目の「原爆の日」ですね。

私は、広島県呉市生まれで、原爆について聞いて育ち、戦争や平和について学びました。
その為、幼い頃からこの日を迎えると、特別な想いで過ごしていました。




Photo/715 77回目の「原爆の日」と旅で出会ったドイツ人青年_c0174866_22093850.jpg
私は、20代前半にバックパッカーで旅に出ました。
「自分の目で世界を見ておきたい。」という強い思いがあって、
当時はまだ、ネット情報は無く、スマホも無かった時代。

宿泊するドミトリー(相部屋)の安宿で出会う旅人と、情報交換する時代でした。

その旅の途中で出会った、
なぜか...関係はないのですが「原爆の日」が近づくと思い出す、一人のドイツ人の青年がいます。
今回、少し彼の話をしたいと思います。




Photo/715 77回目の「原爆の日」と旅で出会ったドイツ人青年_c0174866_22093292.jpg
私は旅をしながら、美しい景色や街並みも見ながら、戦争の傷跡へも立ち寄っていました。
先に記した「原爆について聞いて育った」という事が関係しているのだと思います。

いくつかの国を周った後、ドイツに入り、
とある宿で、2歳年下のドイツ人の青年と部屋が同じになりました。

彼は、大学の夏休み中にドイツ国内を旅しているとの事でした。




Photo/715 77回目の「原爆の日」と旅で出会ったドイツ人青年_c0174866_22095276.jpg
私のバックには、訪れた国の「国旗のピンバッチ」を付けていて、
その国旗を見た彼は、行った事のない国の話を聞きたいと言い、
私が見て歩いてきた国の話を彼に話しました。

話が終わった時に、彼から「次はどこの国へ行くの?」と聞かれたので、
「チェコに入って、そのままポーランドへ」と答えると、
彼から笑顔が消え、沈黙の後に、こう言いました。

「私はドイツ人で、私達が過去に何をしたのかを知っている。
まだ、他の国へ行く事が出来ないのは、その行為を恥じているから。
ポーランドへ入る時は、ドイツの国旗は外した方がいい。」




Photo/715 77回目の「原爆の日」と旅で出会ったドイツ人青年_c0174866_22094819.jpg
彼に、ポーランドでの私の目的地を伝えませんでしたが、行き先はアウシュビッツでした。
元より、ドイツ国旗のバッチは外すつもりでしたが、「わかった、ありがとう」とだけ伝えました。

翌朝、彼と私は別々の街へ移動するため別れましたが、
彼の言った「その行為を恥じているから」という言葉が、ずっと私の心に残っています。

日本も侵略戦争を行い、結果、世界で唯一の被爆国となり、
多くの人が心に、身体に傷を受け、今日があります。
そして、戦後生まれの彼にも、私にも繋がっています。




Photo/715 77回目の「原爆の日」と旅で出会ったドイツ人青年_c0174866_22095789.jpg
「原爆の日」が近づくと、なぜか彼の事を思い出します。
そして、こう思います。

きっと、彼も家族を持って、「戦争はいけないんだよ」と子どもに語りかけているのだろう・・・と。


77回目の「原爆の日」。
この世から、戦争と核兵器が無くなることを、心から願います。





RICOH GR専用
 Instagram → RICOH GR × Thailand

●タイの写真専用
 Hatena ブログ
next stage

●自閉症・発達障害の太陽の成長、お出かけ動画
 ユーチューブ
タイの太陽 (ไทโย)チャンネル

by nikon_leica | 2022-08-06 11:30 | FUJIFILM X100 | Trackback | Comments(16)
Commented by takeshi_kanazaw at 2022-08-06 12:11
「その行為を恥じているから」  重い言葉ですね・・・。
心に残るお話でした。
有難うございます。
Commented by nikon_leica at 2022-08-06 12:41
> takeshi_kanazawさん

読んで頂きありがとうございます。
第二次世界大戦で、日本とドイツは同盟国でしたので、彼は私に話したのだと思います。
又、彼のようなドイツ人がいれば、同じ過ちは2度と起きないだろうとも感じました。
Commented by anpanclub at 2022-08-06 22:00
「その行為を恥じているから」日本人が他国の人に言える人は何人いるでしょう?
このように言えるのは、教育の問題でしょうか?
侵略し最後は逆に大きな被害で終わった日本、自分たちが被害者と思っているのでは無いでしょうか
他の国が戦争を行っていても大勢が全く関心が無い
困った日本人です(私も含めてです)
Commented by farm773 at 2022-08-06 22:24
戦後の生活苦を体験した戦前生まれの私
嫌です戦争は・・・ 
ブログいつも興味深く拝見しています。
Commented by noboru-xp at 2022-08-07 08:31
日本では、「その行為を」恥じていない勢力が台頭している・・・。
Commented by reica_az at 2022-08-07 13:31
こんにちわ。
昨日77回目の「広島原爆の日」記念式典が行われ、岸田首相はじめ2854人が参列。
国連総長のグレテス氏や99か国とEUの代表参列されたニュースが流れました。
本当に戦争のない、そして核兵器廃絶を実現したいと思います。
ドイツとの青年との話、いいお話ですね。
Commented by nikon_leica at 2022-08-08 10:39
> anpanclubさん

読んでいただきありがとうございます。

私が、初めて東京に出た時に、8月6日は、どのテレビも式典に少し触れただけで通常通りでした。
広島(広島テレビ)では、前後の日にちも含めて、原爆に関する特別番組が終日流れていて、
他県との温度差を感じたのを覚えています。
戦争のことを考えず平和であることはいい事ですが、忘れてしまうことはあってはいけないようにも感じます。

伝える努力、知る大切さ、今一度教育現場で取り入れていただきたいですよね。
Commented by nikon_leica at 2022-08-08 10:43
> farm773さん

読んでいただき、コメントをいただきありがとうございます。

戦争時、戦後の耐え忍んだ方々のお話を聞いた事があります。
想像を超えるものばかり、戦争の無意味さを強く感じました。
悲しい事ですが、今も、戦争が行われている世界について、そこで耐え忍んでいる方々のことを思うと、色々と考えてしまいます。
Commented by nikon_leica at 2022-08-08 10:46
> noboru-xpさん

読んでいただきありがとうございます。

日本にいた頃は、毎回必ず選挙に行き、それでも色々と裏切られた気分が多く、残念な気持ちになっていました。
もう、10年以上日本を離れてしまい、現在の詳細は詳しくわからないのですが、あまり変わっていないのかなぁと、 noboru-xpさんの記事を拝見すると思います。
Commented by nikon_leica at 2022-08-08 10:49
> reica_azさん

こんにちは。
読んでいただきありがとうございます。

>本当に戦争のない、そして核兵器廃絶を実現したいと思います。

そうなる事を、心から願います。
特に日本は被爆国として、先導を切って、声を上げ続けてほしいと、海外に暮らしながらも思います。
Commented by akaiga-bera at 2022-08-17 20:51
こんばんは。
ドイツと異なり、私たちの国の侵略戦争でアジア各国に2000万人もの死者がいることの責任に触れません。国民一人一人が、悲しい過去を反省しない限り、またもややりかねないと思います。
広島出身の岸田総理の曖昧な言動は被爆国として悲しく恥ずべき姿勢と感じています。
私も国会前で出遇った外国青年を思い出します。『COOL 9』の手書きのポスターを持っていました。米国人でしたが、『自分の国に欲しい』と言っていました。平和の大切さを、次の世代にしっかり伝えたいですね。普通の人を狂わす戦争や紛争には与したくありません。
Commented by nikon_leica at 2022-08-18 10:37
> akaiga-beraさん

こんにちは。
コメントをいただきありがとうございます。

過去のどの戦争を調べたり、聞きましても、巻き込まれた方々が「戦争さえなければ」という言葉を言っています。
結果として、何もいい事がない、誰も幸せにならない事実は、繰り返してはなりませんし、
その思いを後世へ伝える努力も必要だと私も思います。
それを実現するには、一人だけ、一国だけでは叶いませんので、心ある外国人と共に声を上げ続ける事が必要なのかもしれませんね。
Commented by kumafamilie at 2022-08-23 01:05
ドイツ在住ですが、戦争に対する教育やそこから来る認識が日本と全く違うと思います。
ドイツは戦争下で行われたことを本当に恥じ反省しているので学校でもしっかり教え、同じ過ちが二度と繰り返されないようにと教育されています。
そして、難民なども積極的に受け入れています。
現在のロシアーウクライナ間の戦争でも、ウクライナからの避難民を積極的に受け入れています。

日本で原発慰霊の番組などをやっているのを見たドイツ人だけではなくフランス人やスペイン人に、「なぜ被爆国と被害者ぶるの?自分達から戦争に参加したよね?」と言われ、日本で生まれ育った私はそんなことは全く思っていなかったので本当に驚きました。
過去の祖国の行いに未来の人が責任を感じる必要はないと思いますが、少なくともそこから学び同じ過ちを繰り返さない努力は必要だと思います。

私もドイツに来てからも選挙に参加し続けていますが、選挙結果が出る度にがっかりさせられっぱなしです。
Commented by nikon_leica at 2022-08-23 10:55
> kumafamilieさん

拝読頂き、コメントを頂きありがとうございます。

昔、私自身もドイツの教育や支援を学び、知った時には、日本にも見習ってほしいと思いました。
言葉は悪いですが、日本では教育の場でも「臭いものには蓋を」を感じています。

戦争が起きても、被害を受けるのは武器を持たない一般の方々です。
世界は、この一般の方々が大多数ですから、戦争の無意味さは理解する努力を途切れさせては駄目だと、私も思います。
子どもを育てていると、その気持ちはより強くなっています。
Commented by kuonnomegumi at 2022-09-21 22:22
▼・。・▼こんばんは🌸
終戦の年私は小学校4年生でした。
当時父親が山口県光市にあった海軍工廠に徴用されていました。
終戦2ヶ月前に父親に面会に行き(当時大坂に住んでいました。)
両親が相談したのでしょうか、その後終戦日少し前光市に家族で移住しました。
終戦少し前空襲のある時に「こんな戦争早く終われば・・・・」と云って
母親にこっぴどく叱られたことを生涯忘れずにいます。
今は千葉県木更津に住んでいますが郷里に時々帰省する時に
ある年原爆ドームに行った時、過ちは繰り返しませんと目にしました。

そうなんですね。人間が起こした戦争、その終結が決まっていたのに
決断のほんの時間の差で原爆の投下、悔やまれてなりません。
ふるさとの街焼かれ♪~♪~最近この歌はあまり耳にしなくなりましたが
私は時々歌います。とても悲しく淋しい歌ですが過ちの鎮魂歌です。
戦は弱い者が一番苦しみます。反対する人が認められません。
悲しい歴史を刻みます。とこの年齢でも忘れず戦争反対と心で誓います。
 
長々と綴りましたが今も弱い人が戦争で苦しんでいます。
戦争の無い平和を護ることを目指してくださいね。
少し前夫婦で合わせて1万ページ投稿できました。
夫87歳私は86歳の共に後期高齢者です。久遠の恵

Commented by nikon_leica at 2022-09-22 10:42
> kuonnomegumiさん

コメントを頂きありがとうございます。
また、貴重なお話をお聞かせ頂き感謝します。

戦争は失うものばかりで、何も得るものは無いと、
これだけ世界が経験しても、今も戦争が起きているニュースを見ますと、
悲しくなります。

>戦は弱い者が一番苦しみます。

おっしゃられる通りだと思います。

「戦争反対」
私自身も決して忘れてはいけない、教え伝えなければならない大事な事だと思っています。
我が子を見ると、特にそう思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


写真に心を、写真に想いを、写真に人生を。


by Nao Ishimaru

プロフィールを見る
更新通知を受け取る